エピソードⅢ 『京都よ永遠に』

前回のあらすじ

アクシデントに合うも気を取り直した松岡

夜の明かりに誘われ街にくりだした彼を待っていたものは

美味しい日本酒と料理だった。

すかりゴキゲンになった松岡

そして迎えた朝

やつは動き出す

 

皆さんこんにちは!!

京都ブログ最終回です!

前日のお酒ものこらず、すっきりいい朝を迎えたなと起き上がると

机の上に セブンイレブンのぺぺロンチーノを食べた形跡が・・・

 

なぜ・・・・だ。。。

た 食べた記憶がない!!!

そしてなぜ京都に来てまでコンビニ弁当か!?

〆のご飯ならせっかくなんだから京都ラーメン食べに行けばよかったじゃないかぁぁぁぁぁぁぁぁ

 

と いきなり昨日の自分を悔やみました!

まあ 食べても覚えてなさそうですけど・・笑

 

部屋を片付けてチェックアウトし いざゆかん!!

でホテルをでていきなり

 

 

雪降ってるんかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!!!

昨日、雨で今日雪かぁぁぁぁぁい!!

 

 

まあぱらつく程度だったので問題はなかったんですけどね 笑

 

気を取り直して出発!!

電車を乗り継ぎ

 

着いたー 目的地!

 

 

伏見稲荷大社!!

千本鳥居で有名で、JRのそうだ、京都に行こう のCMでも使われてて

前から一度来てみたかったんですよね!

 

さあ 行きますか!!

 

まずはお礼参りをすませ 奥に進み

 

来ましたぁぁ 千本鳥居

 

 

歩く

 

 

さらに歩く

 

 

そして歩く

 

大きい鳥居からだんだんと小さくなって

 

 

少し登る

 

 

わりと登る!

 

 

 

 

そして けっこう登る!!!

 

だいぶ登ってきたなーって所で

 

出るんかい!!!!!

よし! 今夜はイノシシ鍋だ! ってならねーわ!!!

 

そのままひたすら上りつづけ

 

 

登ってきたなー と眺め

頂上の鳥居を一周して 下山!

(頂上は特に撮る場所が無かった)

 

降りてきて軽く休息をとり 次の目的地へ!

 

途中こんなものを見つけ

潮田家あったよ! って潮田に送りつけようと

小学生並みの発想をしながら

 

たどり着いた場所は

 

 

 

 

 

寺田屋!!

ここは、坂本龍馬が伏見奉行所に襲撃された場所です。

歴史好きとしては一度は見ておきたかった場所!

入館料を払い中に入ると

まず思ったのが 天井が非常に低い!!

当時の日本人の平均身長がいかに小さかったが実感できます

この部屋で龍馬は何を思い

何を話していたのか

そんな思いを馳せながら 時代を感じ取る

 

 

生々しい痕

 

高杉晋作からもらった拳銃で撃ったのでしょう!

ただ なんか! なんか!! 書かないでくれ!!!

と思ったのは私だけじゃないはず!

 

 

ここで入浴中だったお龍さんが、伏見奉行所の気配をさっちして

龍馬に知らせに行く有名な話ですね

(だから 書かないでくれ!!!)

 

 

この階段を登って伝えたそうなんですが

これ かなり急んで 危ないですね!笑

 

この寺田屋自体 すごく建物が小さいので5分くらいで見終られるのですが

30分くらい居ましたね!笑

 

その後、祇園の方に戻って プラプラ時間を潰して

夕方 出張で大阪に来ていた中学の同級生とご飯を食べることに

 

 

ちょっと撮られてるの意識して 笑ってるんじゃないよ!笑

 

京都風お好み焼き 生地がもちもちで関東で食べるのとの違いがあり

美味しかったぁ~

この後 ネギ焼きも頼んで それが九条ねぎの甘味がアクセントになってまた上手い!!

なんだか 京都で地元の友達の会って飲むって不思議でした!

そのまま、京都に別れをつげ

そして帰りの新幹線で爆睡!!笑

かなり 満喫してきました!!

 

その後・・・・・・・・・・・・

 

横浜に戻ってきた松岡は 小学生ぶりの突き指をした

 

FIn